Home

イギリス留学とMBA 【D Style風】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Strategy

  • Posted by: D Style2005
  • 2012-02-20 Mon 23:16:51
  • 留学


先週はコアモジュールの一つ『Strategy』だった。

いまいちマーケティングストラテジーとの違いが自分のなかで明確でないのだが、
もっと上位概念の決定事項という整理をつけている。

シンプルに言うと、外部要因を分析し、自分の会社の強みを明らかにし、
マーケットと自分のリソースが合致するエリアにぶっ込むという感じ。
そこには、ビジネスをもっと広げるのか、それともフォーカスするのかというディシジョンも含まれる。
そして、その事項をネガポジ両視点でシナリオメイキングして、リスクマネジメントするみたいな感じ。

異なる多角化の例としてGoogleとVirgin Group等のケーススタディを使用したのだが、
やっぱGoogleすげぇ。
もともとハードはSony、ソフトはGoogleのファンだったので、自分はApple商品を持っていない。cloudを利用できなければ、各々のデバイスは機能していないも同然の世界が目前に迫っているのだが、Googleについていけば、大丈夫!と確信できた。

話はそれたが、Googleはinformation providerとしての多角化、
Virginはコア産業のニッチな存在になるべく多角化。

最終日には、次代のGoogleが次にどうすべきかというプレゼン。
例によってプレゼンでは一言も発していないが、正解はたぶん、、、
もっと成長するために、informationしばりの多角化。

すでに彼らが開発中のハードを選ばず使えるportable OSとAndroidで、Appleのcloudに対抗。
コンピュータでもスマホでもハード(キャリア)を選ぶ必要のないこの仕組みは、Appleのそれと完全に差別化される。あとはコンテンツを拡充し、ディストリビューションの低い東アジアやアフリカエリアでプロモーションをかければしばらく安泰じゃないか。

結局、授業のなかでは、どうやってそれを実行するの?という話はあまりなくて、どうやって戦略をたてるのかということに終始した感じがするが、それがストラテジーということなのかもしれない。もしくはリスニングの問題で聞き取れていないか。

ま、とにかくラーメン二郎の多角化戦略を考えたい。
というか、今すぐ食べたい。

一時帰国

  • Posted by: D Style2005
  • 2012-02-20 Mon 22:34:39
  • 留学

年始に鬼気迫る勢いで、UK Border Agencyに駆け込んだかいあって、
その場でバスポートを返却してもらうことに成功し、その足でHeathrow空港へ。
結局、時間と労力とお金を無駄にしながらも、日本で再度パスポートを申請し、
なんとかBathに戻ってきた。(もう結構前だけど・・・)

1月末の試験は受けられず、5月以降に追試もしくは代替論文で消化することになりそう。
休み期間中のアサインメントは、『人事』に関しては日本に帰る前に、『マーケティング』は
日本でちゃちゃっと書いていたので、すべて提出済み。

なかなかの厳しい採点らしく、クラスメイトの何人かは合格点(40点)に満たない人もいるようだ。
自分は大丈夫だろ~と達観してはいるものの、採点が戻ってくるまでは余談を許さない状況。

今回日本には親の健康状態絡みで帰国した訳だが、
一切合コン等せず、いや一回しかせず、基本的には親のそばにいた。当たり前だけど。
(その他の思い出は、毎日通ったラーメン二郎くらいしか記憶にない・・・。)
彼らも70近い年齢になってきてかなり弱っており、いよいよ親孝行という言葉が現実味を帯びてきた。

もう36才だけど、自分の将来をちゃんと考えないといけないと強く考えさせられた帰国になった。
元Mikeの宇徳敬子結婚してくれねーかな~。

Visaシリーズ 最終回

  • Posted by: D Style2005
  • 2012-01-06 Fri 20:08:01
  • 留学

Visaシリーズも最終局面をむかえた。

一向に届かないので、取りに行くと行ったら
「アポなしでは無理!」
「じゃ、待ってるのと取りに行くの、どっちが早い?」
「君はLondonから遠いから家で待ってたほうがいいよ」
と言われたりしているうちに、とうとう1月も一週間が過ぎようとしている。
ちなみに試験は18日からだ。

昨日は電話で、
「一ヶ月もパスポートを待ってるんだけど!Visa諦めたのにパスポートさえも返してもらえないの?」
とはったりをかます。本当はVisaを諦めてパスポートバックにしたのは年末28日だけど。

さすがのUKBAも調べてくれた。
そして、「申請したの、年末じゃねーか」とキレられた。
でも、まだUKBAにパスポートが存在していることがわかった。
「用意ができたらこちらからあなたに電話をするので、そしたら取りに来て」
「はい。僕の電話番号は075-94…ツーツーツー」あれ?
大事なところでトップアップが切れた!*携帯をプリペイドにて使用している
マジすか学園!?
すぐに掛け直したら、「本日の営業は終了~」。
だよねー!!お約束中のお約束だよね~。

てか、まだ送ってもねーの!?
親が危篤ってことにしててもその遅さ?
マジ全員死ね!

てことで、イチかバチかの賭けに出る。
スーツケースを持って、UKBAにかちこむ。
アポなしだけど。

Londonの南約10km。
今、2時間待ってる。入口で。
スーツケースをこれみよがしに見せつつ、
いざとなったら「とうとう昨日親が死んだ」と嘘泣きを見せる準備をしながら。
とりあえず中に入れて欲しい。


明けまして、Visa problem

  • Posted by: D Style2005
  • 2012-01-04 Wed 02:30:03
  • 留学


また今日もUKボーダーエージェンシーに電話かけまくって、最後一回通じた。
そもそも通じなくても、コンピュータの保留だから金かかってるし。
しかも、なぜか海外にかけているのと同じ金額取られてるし。

いざつながって、いつ送ってくれたのか聞いても答えられないの一点張りだし。
なんのためにVisa申請あきらめてまで、パスポート返してもらう手配にしたのか。。。
しかも、「取りに行くよ」ってこの前の電話で言った時、待ってるほうが得策だよって言ってたくせに。

だいたい、親が危篤の設定にしてるにもかかわらず、何やってんの?
挙句の果てに、最後は向こうから電話切るし。
速攻掛けなおしたら、「本日の営業は終了・・・」だし。

ホントに腹立つ。
未熟な言語能力という足元見やがって。
腹立ちすぎて、怒りの落としどころがない。
イギリス人全員殺しちゃいそうな勢い。

とりあえず腹立ってるけど、別のとこも立てるしかないか。
そういう気分じゃないけど。

Visa problem その後

  • Posted by: D Style2005
  • 2011-12-30 Fri 02:18:33
  • 留学
やはりどうしても帰国をする必要があって、
昨日から今日にかけて、一日中UKのお役所に電話をかけ続けていた。

とにかくつながらない。
今日なんかホントに朝から夕方まで一日中電話をかけまくって、
やっと最後に話せたという感じ。

パスポートを返してもらうために、結局、visaの延長をキャンセルした。
ここまでに費やした労力と金は計り知れないよ、マジで。

この結果、数日後にvisaは戻ってくるはずだが、
一方で帰国後はまた、一からvisaの申請を日本でする必要がある。

そのくらい面倒なことをしてでも、パスポートを返してもらうわけだが、
なぜ、visaが自分だけおりなかったのか、その理由は永久にわからずじまいだ。

あー腹立つ。
久々に腹立つ。

てめーらのどいひーな作業のせいで、金や労力や時間を浪費しただけでなく、
クリスマスやお正月の過ごし方が天国から地獄に変わっちまう人もいるんだぞ。
と言いながら殴り込みたい気持ちでいっぱいだが、
もう大人だから、その憤りを押しつぶすべく自分の部屋でエロムービーを静かに観る。

Index of all entries

Home

タグクラウド
search form
RSSrink
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

bannar

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。